FC2ブログ
10月から始まった 薬膳アドバイザー養成講座の初級コース




今泉にある薬膳料理のお店で行われています。

天地礼心



ここに初めて来たのは、

食事のため

ではなく^^


ミネハハさんのコンサートに行った時でした^^




その後、漢方薬と出会い。。。。。 

あ!そのず~~~っと前に「チャングム」との出会いがあった!^^



ある日、ふと。。。福岡で薬膳料理が食べられるお店ってあるのかなぁ。。

。。。。。。。で検索して ここに出会い


ココはミネハハさんのコンサートに行った所じゃん!



てな感じで その後何度か食養生のために(?)おじゃましていたのですが。。。

薬膳料理♪記事


目でも楽しめて 味でも楽しめて それプラス 身体も喜ぶ♪ 

あ! 元気にもなる♪んだ!


そういう良いこと尽くしの中華料理♪屋さんです^^




今回は 友達も誘って説明会に行き 彼女も一緒に受講しているのですが。。。


かなり膨大な内容で日本人にも馴染みのある概念や教えも沢山あるのですが


そうでない専門的な部分も沢山あって、憶えることも沢山あります^^;;



。。。とは言いながら。。


とても興味深く 毎回楽しい授業です^^





1回目は 陰陽 について


皆さんは 『 太極図 』 と言ってピンと来る方いらっしゃるでしょうか?


日本でも昔から 陰陽師 っていらっしゃったみたいですし。。。


日本の文化には大陸からの影響や朝鮮半島からの影響も沢山ありますよね^^
( 弱肉強食 の話をするとかなり本題からずれてしまうので。。。今回は純粋に薬膳のことを書いてます。 )




( うふふ^^♪  私、上手に描けちゃった♪ 太極図 ちょっと荒いところもありますが。。その辺は目をつぶっててちょ♪^^;; )




この図は色んな所でよく目にされたことあると思います。


この図の意味は


この宇宙全てののものは 陰 と 陽 とで成り立っていて


大宇宙の混沌が陰陽に分かれ、その交わるところから生命が生まれた



そして 陰と陽が交じり合いながら転がっていく(動いている=生きている)


陰の中に 陽があり(小さな丸い点)

陽の中にも 陰がある


。。。。。。という感じの内容だったと思います^^;;



この図は見たことあったし、陰と陽についても少しは耳にしていたけれど。。

この図の中に 動きが生まれる というか 動き が表現されているということについては


本当に感心(こういう表現で良いのかさえも微妙ですが。。。^^;;)しました。



太極図 の 「 太 」 という文字は

2500年くらい前に孔子が付けた名前だそうで。。。


・すごく ・過ぎる 


という意味がある様で、 大小が組み合わさった字 (「大」と「小(点)」ね)なのだそうです。


中国では 奥さんのことを 「太太」 と呼ぶらしく

世界を征服するのが男で その人から 大切にされるのも奥さん 大切にされないのも奥さん。。

旦那さんが奥さんを大切にするならば、周りの人も大切にする(黄帝の奥さんとかもね)

粗末にするならば、周りも同じようにする。。


。。。。。と言う感じの意味らしいです。



この考えが好きか嫌いかは別にして(笑)

その様な考え方が中国やその他多くの国には存在していたし、今でも存在しているのでしょうねぇ。。




とりあえず 今日のところは 「太極図」 について^^


もしかすると。。。思い込みで間違った解釈をしているところがあるかもしれませんが

その場合は、気付いた時点で訂正して行きますね^^



2013.11.14 Thu l 薬膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://inspiration373.blog.fc2.com/tb.php/52-4f2b400e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)