FC2ブログ
先週末は JAA の楢林先生の秋期特別セミナーに行ってきました。


「日本人の女性の膝をよくしよう!」



ということで。。。

変形性膝関節炎に対してのアプローチの仕方を学びました。



なんだか最近。。。色んな事が微妙に重なりそうで 重ならないけどギリギリだったり



ちょっと間に合わないけどなんとかなる

的なブッキングまではいかない現象が多く。。。



今回は午前に薬膳の講義が入ってて。。。

ちょっと遅刻してしまいました^^;;




前回受けたのは 肩まわり の施術で

今回は 膝 


マッサージテーブルが無いところでも施術ができるし(今回は椅子が2脚は必要かなぁ。。)

実際に痛みや突っ張ったような感じが無くなったり、軽くなったり。。。

JAAの他の男性の先生で、スポーツジムで無理をされたのか 正座が出来にくくなった

とおっしゃってたのですが 30分くらいの施術だったかなぁ。。

出来るようになっていらっしゃいました^^



楢林先生の講座はとても興味深く、効果もかなり期待される手技を学べるので 

来福される時は嬉しくなります♪


昨夜は早速 忘れないように母を練習台にして。。。

膝と以前習った 肩まわり

をやってきたんですが

(先日、ちょっと発見があって 椅子をまたいで背もたれ側に向かって座り 背もたれとお腹の間に座布団を挟むと良い感じにマッサージ用の椅子が出来上がるんですよねぇ^^)


膝は 私自身もそうなんですが 思っている以上に冷えていたりするんですよねぇ。。


終わると痛みなど無い方でもかなりスッキリと軽くなるようです^^


母も軽くなった と喜んでいました^^♪




私の場合は

若かりし頃 器械体操や新体操でかなり膝をついていたからか。。。

膝をつく

と言うのが痛かったのですよねぇ。。

ピリっ!と電流が流れるような痛みが走るので 怖くて膝は付けなかったのですが


今回、このクラスを受けて膝をつくことに挑戦してみましたが 

ピリッと感が襲ってこなくてびっくりしました^^


大きな怪我などはしてこなかったのですが 色々脚は酷使して来たし

加齢もあるので


膝周りはメンテナンスは自分でもこまめにしなくちゃいけないなぁ。。


と 思いました^^


実は夏に京都で行われた

ボディーワーカーの為の ハンズオン・ヒーリング でも

膝へのアプローチがあって 

その時の受講生同士の交換セッションでの影響も無きにしも非ずだと思いますが。。


実際に オイルでのトリートメントとハンズオンヒーリングのダブルでのセッションが出来るならば

かなり良いだろうなぁ。。


とも感じているところデス。







2013.10.29 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://inspiration373.blog.fc2.com/tb.php/50-4b5e676b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)