先々週、生まれて初めて(たぶん^^;;)

インフルエンザA 判定をもらい(病院から)

かなりうんうんうなっておりました。(ホントにキツイですねぇインフル。。)



いつもの風邪 感覚で熱が下がって しばらくして食欲も戻って(それとともに体重も^^)

さぁ! 頑張っていこう~~!!


なんて思っていたのですが。。


なんだか調子が一向に上がらず。。

やる気も気力もどこへ忘れてきたのやら。。。状態がずっと続いていました。


インフルエンザには後遺症もあるんだなぁ。。と実感しています。




たまたま先日、schoolの先輩に ヒーリングの練習会 をさせてもらうことになっていて


自分がかなり参っていたことを実感したんですよねぇ。。




ハンズオン・ヒーリング については School of Healing Arts and Sciences の

『 ハンズオン・ヒーリング科 』のページに詳しく書いてあるのですが。。。


今回私が実感したことは。。。


インフルエンザでの熱や体の痛みで かなりの体力の消耗と 自分がかなり大地との繋がりが薄れていたこと。 

ヒーリングにより充電はもちろんですが、大地としっかり繋がり 自分で滋養できるだけのエネルギーが回復出来たこと。
(あまりに身体が疲弊していると、大地からのエネルギーは元より、食べ物からの栄養の吸収も効率が悪くなり、自分で自分を滋養する というシステムが乱れてしまう様に思います。)


実は。。。漢方薬も摂ってはいたのですが、体力の消耗がひどいと例え身体に良いと言われるものを摂っていたとしても吸収しにくくなってしまう様に実感しました。




今回は インフルエンザ での経験ですが、これがもし外科手術とかだと考えると。。。

身体へのダメージと傷の治りへのエネルギー補給はかなり大変なことだろうと思います。
( 私は、外科手術の経験も無く、インフルも今回が初めてだったんですよねぇ。。 )

ハンズオン・ヒーリングでの身体へのサポートはとても心強いものだろうなぁ。。と思いました。



以前、かなりハードな肩コリに

前日この方のオイルトリートメントを受けて、次の日はほんの15分程度にこの方のハンズオン・ヒーリングをプチワークショップで受けたことがあるのですが。。。


ヒーリングでみるみる痛みやだるさがひいて行ったのを経験して かなりびっくりしたことがあります。



ここまでなるには もちろん かなりの訓練と身体造り をされているのだと思います。
(実際、Schoolではそれを求められます。)


















2013.03.18 Mon l ハンズオン・ヒーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://inspiration373.blog.fc2.com/tb.php/29-0be35d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)