オイルトリートメントのセッションを受ける前に



精油には成分によって禁忌があります。

場合によっては治療の妨げになることがありますので持病をお持ちの方や治療中(投薬中)の方は担当医にご相談されて許可を頂いてからお願いいたします。



◎以下の方もお勧め出来ません。担当医に御相談下さい。

血圧がかなり高い場合。

アレルギーなどで皮膚疾患が著しい場合。

急性疾患や骨折等の外傷の直後などの場合。

妊娠中の方。特に初期(4ヶ月まで)の場合。
(安定した中期以降でも部分的なケアになりますが、今のところおうけしておりません)

月経中の方も量が多い時や辛い時は無理に受けない方が良いでしょう。
(これを機会に、ご自分の生理周期をチェックされてみてください^^)




セッションを受けられる前にシャワー又はお風呂に入られることを奨励しております。
また、多少オイルがついても大丈夫な服装でのお越し下さい。
  

セッション前はできるだけ強い香水やコロンの使用はお避け下さい
(特にアロマセラピートリートメントの前)


セッション直前の食事はお避け下さい。また極度の空腹感がある時も避けましょう。
(適度な食事の最低40分~1時間の間を空けましょう。)


当日、あまりに極端に体調の具合が悪い場合は身体にかえって負担になる場合がございます。
体調をなるべく整えた状態でお越し下さい。


アルコールの多量摂取や不眠などの状態で受けられることは避けて下さい。
(前日飲み会で朝までコースだったり...^^;;)


簡単なカウンセリングをトリートメントの前にいたします。
その内容によってお客さまと相談して身体に負担の無いようにケアの部位や時間が決まります。ご了承下さい。
例えば...全く初めてトリートメントを体験なさる場合は、全身からよりも脚からお試しいただくことをおすすめいたします。





施術後の注意事項

セッションの後は体の老廃物が放出しやすくなっております。
排泄を促す為にも、多くの水をお飲み下さい。(冷水・炭酸水は避けること) 
またコーヒー・紅茶・コーラなど刺激性のある飲み物は避けてください。
穏やかな作用のハーブティー(ネトル・クリーバースなど)は大丈夫ですが強い効能のあるハーブティーの施術直後の飲用も御避け下さい。


セッションを受けた後、老廃物排泄のプロセスの上で、頭痛、疲労感などを感じる方も いらっしゃりますが殆どの場合は24時間以内に治まります。もし症状が長く残る場合にはご相談下さいませ。


アロマを使ったオイルトリートメントの後 1~2日間はサンベットの利用や日光浴を避けてください。


セッションの後は重い食事やプロセスフード・飲酒は避けてください。


セッション直後の長距離運転は御避け下さい。







2012.12.04 Tue l トリートメントを受けられる前に l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://inspiration373.blog.fc2.com/tb.php/14-dfaf5271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)